大丈夫日記

日々出会った言葉から【大丈夫】を探していきます。

【「1枚」が与える安心感】


f:id:klaputa:20180104130906j:plain




先日カチカチの身体をほぐしてもらう為にマッサージに行った。
半袖短パンになりうつ伏せ。ソワソワ。フワッ。優しく掛けてもらうタオルケット。

この安心感。あー安心感(笑)

そこで一枚の布の安心感シュチエーションについて無駄に考えてみようかな(笑)




f:id:klaputa:20180104134656j:plain

歯医者

歯医者で削るとき口だけ穴が空いた(表現!語彙力!)布をかぶせてもらった時ホッとする。何にしろ至近距離に迫った歯科衛生士さんや歯科医さんの視線に大口を開けたまま耐えうる精神力がそうそう持続しない(笑)
歯科衛生士さんって何であんなに美人が多いのかな?





f:id:klaputa:20180104132509j:plain

沐浴

新生児をお風呂に入れるとき胴体にガーゼとかをかぶせる。

赤ちゃんは手足が開放されていると不安で泣いてしまうことがあるそうです。
沐浴布は、お湯に浸かる時に驚かないように安心させる為に首から下、胸からお腹のあたりにかける布です。
また、目や口付近にお湯がかかって嫌がる時のために、予備のガーゼを用意しておくと落ち着かせられて便利です。

実際ガーゼが落ちたりすると赤ちゃんがビクッッッとして新米父さん母さんもビクッッッとなる。これは大変重要な布だな。




産婦人科

これは女性限定で分かる例なんだけれども。内診台ってあの仕切のカーテンがなければ…もう何だかもう!!(笑)そして膝にかかったタオルケットも安心プラス。




ここまで上げていくと医療系が多いのかな。何にしろ医療に不安はつきものということか。診察のパーテンションの仕切りもとっても大切だしね。


後は前のブログで書いた毛布の安心感ね。

【毛布が与えてくれる安心感について】 - 大丈夫日記


この季節だとひざ掛けハーフブランケットの素朴だけどとても効果がある暖かさ。我が家の家中にあるお手軽ハーフブランケット(笑)


《一枚の布で安心できる素朴で繊細な私達。守って守られて思いやり。》



自分の体験から相手に与えてあげられる事がたくさんある。
だから、体験のために快を求めて自分の糧にするのもありなんだよ。癒されたのならば次はそれを大切なあなたにやってあげたいなという気持ちがもう思いやり。


体験は財産。痛い事も心地良いことも。だから普段はやらないような事もやってみて糧とする。意外とやらない自分の環境をちょっと越えてみて。何かが得られるかも。【大丈夫】(*´˘`*)♡