大丈夫日記

日々出会った言葉から【大丈夫】を探していきます。

【のほほん+精一杯=マイペース】

そりゃあ、やりたいと思ったことを瞬時に前のめりでやり続けられれば、人生数倍お得になるかもしれない。 誰かに追い付くために、スタートダッシュに全力かけて行くのもかっこいいと思う。 でも…継続できなければ結果は出ない。 相手の速度と自分の速度は多…

【たった一言の力】

ほら。あるじゃないですか。 立て込んでくると「うわーっっ(๑*д*๑)!!」となっちゃう一瞬が。 自分の中だけで。 なかなか他人には伝わらない感情で。 分かって欲しいけど、言葉にする余裕がなくて、言葉にしたら八つ当たりしてしまいそうな時。 いやね、もう…

【100円のジェルに癒される夏】

月並みで当たり前の事しか言えない。 「暑い。」(笑) もう何が何やら。 それでも屋外の仕事ではない私が暑いやら言ったら申し訳ないとは思っている。 そんな中、今私が猛烈にはまって依存して癒されている物がある。 100均で購入できる【ふしぎなジェル】。 …

【言わない】

「言う」とか「言わない」とか。 「何で言わないの?」とか「言わないでも分かるでしょ!」とか。 「言ってくれなきゃ分かんないじゃない」とか「だって言ったら怒るじゃん」とか(笑) …ある。あるある。 親子でも恋人でも友人でも職場でも。 ただ相談したく…

【好き嫌いについてじっくり考えてみた(笑)】

信じている。 自分には食べ物の好き嫌いはないのだと。 何ならもう、あちこちで自慢気に言い切ったりもしている(笑) ただね… 好き嫌いはないのだけれども、苦手と言うか…何故か食べられないものがある。 アレルギーでもないのに食べられない。 ヤバいよヤバ…

【「抱きしめて」と言えたなら】

夏だ。TUBEだ(笑) ガラスのメモリーズという曲に「もう一度あなたがきつく抱きしめてくれたなら枯れてた涙キラキラ溢れてくるでしょう」って歌詞があって。 このワンフレーズを聴きながら、当時大失恋をした私は床でジタバタと胸を掻きむしりながら泣いた(笑…

【伝わる】

背中を見て育つと言います。 誰かに何かを教えたい時、どうすれば相手に上手く伝わるかを考える。 さっきのお話し。 ドラッグストアに立ち寄り、買い物を済ませ帰ろうとしていると入り口がちょっと騒がしい。 見るとお父さんと小さな子供3人が買い物を終えて…

【実はそれで十分なのです】

100を目指すと達成は難しい。 難しいからこそ目指すのだけれども… 問題はその「100」を誰が設定したのかと言うこと。 自分は一体、誰が誰のために設定した100を目指しているのか。 現時点での最終目標。 そこまでを一足飛びで行こうとすると100は遠い。そり…

【私の日々と妄想ストーリー】

朝、遅刻しそうな小学生三姉妹が急ぐでもなくユルユルと道端のミラーに変顔を映しながらニコニコと歩いているのを見た。 その5分後、カラスが自分の体と同じくらいの、ちょうどハンバーガーとポテトとナゲットが入っているくらいのサイズの某マ○クの茶色の紙…

【強くて優しい足跡】

今日まで生きてきた。 生まれたての足のサイズは今の掌よりもうんと小さかった。 そしてがむしゃらに成長してきた。 今だって私の足のサイズは23センチぽっちだけど(笑) 自分の人生は今日の今まで確実に続いていて、とりあえず明日も続く予定。 皆そう思って…

【目覚まし時計との孤独な戦い】

起きられない。本当に。 もしかしたら赤ちゃんの頃からそうだったのではないかと思ってしまうくらい…起きられない(笑) 私の目覚まし時計は2つの時間を設定できる。そしてスマホのアラーム機能も使っている。 6時半に起きたい私。 最初のアラームは目覚まし…

【スタートとゴール】

方向音痴なのです。 もうかれこれ10年以上訪問看護師をしているのに。スタート地点とゴールの風景は見えるの。それなのに空間が結べない。 どこをどうやってどう進めば、効率よく最短で到着できるのかイメージ出来ない。 こちら側からとあちら側からの風景が…

【たんぽぽ】

たんぽぽが好き。 ひとつの素朴な植物がどんどんイメージを変えては勇気をくれる。 どんな環境でも力強く忍耐強く咲く花。 私が愛したハムスターが大好きだった濃い緑の葉(笑) 種社会ではNO.1の美しさではないかと思わせる綿毛。飛び立って違う土地に降り立…

【悩みのお話し】

悩み事。 これでいいのかなという不安な気持ち。 誰かに聞いてもらいたい。きっとスッキリする。 この時の悩みの内容によって、相談した相手からどんな返事をもらいたいのかなんて、実は自分でも分かっていたりする。 自分なりに答えは出ていて、でもちょっ…

【あ!】

「あっ!」ばっかりの今日この頃。 ビックリマークの方。電球ピカッではなくね(笑) 閃きよりも驚き…と言うよりも狼狽(笑) 何でこうも物事を丸ごと忘れることが出来るのか自分で自分に質問したくなるし、むしろもうしている。 忘れたくないなーと強く思う気…