大丈夫日記

日々出会った言葉から【大丈夫】を探していきます。

【いつもきれいに使っていただきありがとうございます。】

ありがとうと言われて悪い気はしない。 出来ていないことを指摘されると、言い訳したり開き直ったりしたくなる。 お店のトイレを借りた時に個室の内側の壁に「いつもきれいに使っていただきありがとうございます。」と貼ってある。 瞬間的に「ありがとうと言…

【幸福日記と憎しみ日記】

公開して残す日記。それがブログ。 遡ればニックネームを使って交流をしていたSNSの頃から始めている。 SNSを使って記す日記。 実はそのもっと前からちょくちょく書いていた自分だけが見る日記があって。 その頃の私は、今よりもっとギザギザですべての不幸…

【いつか時が来たら】

時間が出来たらやろうとか、時が来たら動こうとか。 でもなー…時間は出来ないし、時も来ない(笑) いつか読もうと思って買い集めた本が、部屋とスマホの電子書籍の本棚に溜まりに溜まった。 何なら現在進行形でその数は増え続けている。 『いつか』を待つ自分…

【野副一喜】

魅了された。惹きつけられた。 そんな空間だった。 私の住む佐賀に野副一喜というアーティストがいる。 私がずっと昔にほんのちょっとだけやった音楽。その時の仲間と繋がり続け、縁あってひとまわり以上年の離れた彼と知り合った。 それから約10年間。 どん…

【ほんの少しばかりのこと】

結局最後は自分の力が全て。 大切な人の為に何か力になりたいと強く思う場面が多くある。 親が子に。子が親に。友が友に。先輩が後輩に。先生が生徒に… 数え上げるときりがないほど、誰かのために何をしてあげられるのかを考えることがたくさん。 何をしてあ…

【気まぐれ呟き編58】

コントユニット【ラーメンズ】が大好き。 最近では片桐仁さんはドラマやバラエティーでも見かけるようになって。 創作という才能に長けるふたり。 公演はDVDになっていてそのDVDボックスを買ってしまうくらい大好きだった。 息子もたっぷり影響を受けて、生…

【日曜日の午後2倍巻きのトイレットペーパーを眺めながら考えたこと(笑)】

そう、今日のブログはトイレットペーパーを眺めていて考えたことであります(笑) トイレのトイレットペーパー収納ホルダー。ストックが残ひとつになったから補充していた訳です。 我が家のトイレットペーパーはシングル2倍巻き。買うときはいつも一瞬迷う。 …

【嫌だなと思う出来事がずっと起こるのは何故?】

何故か同じような内容の「嫌なこと」が繰り返し起こるなと感じることがある。 こんな運命なのかなとか、なんてツイてないんだとか。 そして何だかやる気が出なくなる。 私の場合、自分で「お?さては落ち込んでるな?」と感じるバロメーターがいくつかあって…

【左思いの右謗り】

「左の耳が痒いと誰かに想われていて右の耳が痒いと誰かに悪く思われているんだよ」と子供の頃に母親から聞いた。 その日から今日までずっと、右耳が痒いと「あら♡」と思い、左耳が痒いと「まあ!(汗)」と思って生きている(笑) 後は右半身に怪我や痛みや不調…

【ドンマイ】

何事もそつなくこなす人に憧れ続けながら、比較的残念な大人になった(笑) もうボチボチ完成形と見なしてもいいのではなかろうかというお年頃。 そんな私がしばしば脳内リピートしている単語【ドンマイ】。 Don't mind。気にするなという意味。 気にしなけれ…

【このブログは絶対に読まないでください。】

禁止されるとやりたくなる。簡単に言うとその心理が『カリギュラ効果』。 由来は1980年に発表された『カリギュラ』という映画の内容が過激で、不快に感じたボストンが上映を禁止した。 禁止されたことで話題を呼び…ボストンの住民は近隣の街に足を運んででも…

【声】

神田松之丞の声が聞きたくて毎週ラジオの時間を楽しみにしている。 講談師として高座の釈台で読み物を読み上げる声。そして何より講談の前のまくら。まくらで大笑いした後に講談に入っていくギャップとまるで別人のような声色がたまらない。 そしてもうひと…

【組み合わせ】

組み合わせだなと。 心を打つ作品は組み合わせで出来ている。 1曲が人生に大きな影響を与えたり。 誰かの名言でハッとしたり。 いやね、何で突然こんなことを言い出すのかと言うと(笑) 窓を開けて金木犀の香りを存分に吸い込みながら(笑)、移動中にスマホの…

【ドクターマーチン】

秋になった。朝晩肌寒い。 カブに乗る時の上着も防風性のしっかりしたものを選ばなければならない季節。 この季節になると、多分去年も言っていたけれど…ドクターマーチンのブーツが欲しい(笑) 【「ヒステリックグラマー」「ドクターマーチン」「バギーポー…

【ささくれ】

小さいくせに痛い痛い「ささくれ」。 このささくれでいろんな事を考える。 ささくれ、もしくはさかむけとは、人の特に手の爪の根元を覆う後爪郭の表皮が剥けた状態やその表皮、また木材や竹などが部分的に毛羽立った状態を指す。 ささくれになることをささく…

【今を見る】

いやいや。タイトルを見ると前向きに何かを語る!みたいなイメージかもしれませぬが…もっと庶民の呟き的なやつです(笑) 「休日の前日の解放感」と「明日から仕事だの前日の迫り来る感」との気持ちの温度差について45歳が語ります(笑) 今はどうだか分からない…

【安室奈美恵】

昨日、引退した安室奈美恵。 デビューから26年間。 そんなに長い間、ずっと安室奈美恵だった。 容姿も歌も躍りも一切妥協せず。 想像できないほどの辛いことを乗り越えながら、シングルマザーだからとか、自分の境遇がこうだからなどの言い訳もせず。 10年…

【白のTシャツを汚してしまう】

毎日移動は愛車のスーパーカブなので、服装は基本的にジーンズやパンツにTシャツ、そしてUVパーカー。 特に吉田栄作に憧れているわけでもないけれど、ジーンズに白いTシャツの組み合わせが好き(笑) そこでなんだけれど、私、悩みがある(笑) 白いTシャツの同…

【神田松之丞が大好きです】

落語が大好きで落ち込むと落語のCDをノイズキャンセリングのヘッドホンで聞く。 そんな私が最近夢中なのが『講談』。 講談との出会いは神田松之丞のラジオを聴いたのが始まり。 東京のラジオだけれども、YouTubeで聴くことが出来る。 YouTubeのチャンネルを…

【あの頃は今じゃない】

「あの頃はよかったね。」「私たちの頃はさ…」同級生の中にはもう孫がいたりする年代の私達。 我が子の毎日と自分達のあの頃を比較する。 時代がめぐれば順番にあの頃も移り行く。 手のひらの中で音楽が流れ、動画を再生し、ゲームは3Dを通り越し現実世界と…

【「はたらく細胞」というアニメ】

好きなことで知らず知らず知識が増えていくのであれば、こんなにいいことはない。 【はたらく細胞】血小板まとめⅠ - YouTube 最近13歳の息子がとにかく血液に詳しい。 看護師の私もタジっとなるくらい(笑) 聞くと「はたらく細胞」というアニメを熱心に観てい…

【勝手に名付けて自分のものにしちゃってもいいじゃない】

久しぶりにカブの話しを少しだけ(笑) 私が愛するスーパーカブは主に道を走る。世の中にはオフロードバイクと言うものがありまして、まあ厳密に言えばオフロードバイクだって道を走るのだけれども。 以前のブログで書いたように夜の道を走るのが大好き。 【景…

【出会いと別れ】

出会った全ての人と一生のご縁であるとは限らない。 友であっても家族であっても恋人であっても。 時には憎しみあって離れてしまうこともある。 離れたくなくとも引き離されることもある。 自分の住む場所から遠く離れたとしても、新しい誰かと新しく出会っ…

【疑えば黒。疑わなければ白。】

信号待ちで横を向いたらひっそりと興信所があった。看板に書かれた「浮気調査」の文字。 好きだから離れてほしくなくて疑うのか、自分以外の誰かにパートナーを取られてしまいプライドが傷つけられる事が許せないのか。 私も若い頃は、とにかく相手の気持ち…

【競争や戦いのその先にあるもの】

幼い頃からずっと、何かしらの形で競争してきた。 順位がつくことが当たり前だと思うくらい、勝たなければ駄目なんだと思い込むくらいいつでも競いあってきた。 目標を達成するための過程として他の誰よりも抜きん出た結果を手に入れたい。 目標があるから努…

【自分のことなら気にならない。自分の事ほど分からない】

「そこのけそこのけ私が通る」(笑) 昭和の最後辺り、アニメから派生したオバタリアンという言葉が出回りあつかましい中年女性を例える言葉としても使われた。 自転車に乗っていると迫り来る自動車に「危ないじゃないのっっ!!」と言い、車に乗るとヨロヨロと…

【ラッシュガードと北風と太陽と(笑)】

脱げばいいというものではない。 暑いからと言って。 猛暑日が続いてちょっと自分の中の常識を見失いかけているような毎日。 そんな昨日。 バイク→炎天下の屋外徒歩→冷房の屋内一時間半→炎天下の屋外徒歩→バイクな流れで行動。 普段バイクに乗る時はユニクロ…

【セクシーではない下着のお話し】

下着選び。 まず一番大切なのは「快適」であること。 女性であるならば見た目を気にした方がいいということは分かっているけれども。 私は断然快適さ重視なんだなー。 とても気に入ったデザインであっても、過ごしにくければよく使用するローテーションから…

【チャリティーライブHOME】

今年で11回目となるチャリティーライブHOME。 私は2回目から物販スタッフとして参加しており。今年で10年目(笑) そっかーあの頃は35歳だったんだ。 ライブ当日朝早く家を出る時、見つかると後追いされるからと抜き足差し足忍び足で玄関を出ていた。当時後追…

【高橋優「旅人」】

高橋優「旅人」 - YouTube 誰かが発した言葉にハッとする。 ボンヤリ生きていたら気がつかなかったはずの事を考える。 その言葉に生きていく力をもらうこともある。 何度も聴いているその曲のワンフレーズのみが際立って記憶に残る。 高橋優の「旅人」という…