大丈夫日記

日々出会った言葉から【大丈夫】を探していきます。

【実はそれで十分なのです】

100を目指すと達成は難しい。 難しいからこそ目指すのだけれども… 問題はその「100」を誰が設定したのかと言うこと。 自分は一体、誰が誰のために設定した100を目指しているのか。 現時点での最終目標。 そこまでを一足飛びで行こうとすると100は遠い。そり…

【私の日々と妄想ストーリー】

朝、遅刻しそうな小学生三姉妹が急ぐでもなくユルユルと道端のミラーに変顔を映しながらニコニコと歩いているのを見た。 その5分後、カラスが自分の体と同じくらいの、ちょうどハンバーガーとポテトとナゲットが入っているくらいのサイズの某マ○クの茶色の紙…

【強くて優しい足跡】

今日まで生きてきた。 生まれたての足のサイズは今の掌よりもうんと小さかった。 そしてがむしゃらに成長してきた。 今だって私の足のサイズは23センチぽっちだけど(笑) 自分の人生は今日の今まで確実に続いていて、とりあえず明日も続く予定。 皆そう思って…

【目覚まし時計との孤独な戦い】

起きられない。本当に。 もしかしたら赤ちゃんの頃からそうだったのではないかと思ってしまうくらい…起きられない(笑) 私の目覚まし時計は2つの時間を設定できる。そしてスマホのアラーム機能も使っている。 6時半に起きたい私。 最初のアラームは目覚まし…

【スタートとゴール】

方向音痴なのです。 もうかれこれ10年以上訪問看護師をしているのに。スタート地点とゴールの風景は見えるの。それなのに空間が結べない。 どこをどうやってどう進めば、効率よく最短で到着できるのかイメージ出来ない。 こちら側からとあちら側からの風景が…

【たんぽぽ】

たんぽぽが好き。 ひとつの素朴な植物がどんどんイメージを変えては勇気をくれる。 どんな環境でも力強く忍耐強く咲く花。 私が愛したハムスターが大好きだった濃い緑の葉(笑) 種社会ではNO.1の美しさではないかと思わせる綿毛。飛び立って違う土地に降り立…

【悩みのお話し】

悩み事。 これでいいのかなという不安な気持ち。 誰かに聞いてもらいたい。きっとスッキリする。 この時の悩みの内容によって、相談した相手からどんな返事をもらいたいのかなんて、実は自分でも分かっていたりする。 自分なりに答えは出ていて、でもちょっ…

【あ!】

「あっ!」ばっかりの今日この頃。 ビックリマークの方。電球ピカッではなくね(笑) 閃きよりも驚き…と言うよりも狼狽(笑) 何でこうも物事を丸ごと忘れることが出来るのか自分で自分に質問したくなるし、むしろもうしている。 忘れたくないなーと強く思う気…

【巡る】

季節は巡る。 毎日、何かしら意識的にスケジュールに沿って生きている。 やるべき事を忘れないように。 相手に少しでも迷惑をかけず、出来れば良い印象を持ってもらうことが出来るように。 そんな風に暮らしていると、季節の花や同じ世界に暮らす動物たちも…

【自分らしく歳を重ねる】

夜歩いていて。 後ろに飲み会帰りの大学生女子グループ。 斜め前方に泥酔気味の大学生男性グループが立ち止まってワイワイ。 男性グループの中の一人が、こちらに気づき両手を広げて私に走りより…間近で止まり「誰?」(笑) うん。間違えてるよ(笑) この時、…

【リアルなレトロ】

いや違う。レトロではない。貧乏性(笑) この画像は私の部屋の天井から下がっている電気。 とにかくほの暗い。本も読めない。爪も切れない(笑) でも私が自分の部屋に望むもの、それは「穴蔵感」。洞窟風呂とか旅館の離れのおやすみなさいの後の間接照明とか。…

【イケていない今日を忘れない】

久々に本格的に体調を崩し、丸2日間を、自分の部屋の寝具と一体化して過ごした。著しい脱水と高熱で平面化(笑) 必要最低限の日常生活動作の為に、もっそりと体を起こすと…こう…何て言うのかな… アホの坂田師匠みたいと言うか。ぐるぐるバット10回やった後と…

【好きな場所】

健康のため、夜の時間を利用して歩いている。 ずっと前のブログで書いたけれど、私は立派な脂肪肝(笑) そろそろ何とかしなくちゃなーなんて思いながら1年が過ぎた。 なのでいよいよそろそろ何とかしようと思い立って、まずは主治医の言うことを聞いて体重を5…

【もしも明日が…】

「もしも…」 あの時、右に曲がっていたらもっと良い出会いがあったかもしれないとか。 「もしも」と「かもしれない」はワンセット。このセットを過去に当てはめて「だったはず」で結んでしまったりするともうこれは後悔。 振り返って、悔やんでみても何も起…

【ずっとそばにいる】

なぜ、その人のそばにいたいのですか? 好きだから。 安心するから。 心配だから。 不安だから。 一緒に居なくてはならないから。 最近の私は安定している。いやいや、調子が良い、万事うまくいっているなどではなく。 きっと周囲の人に恵まれているのだと思…

【クラクションのお話し】

クラクションを上手に鳴らせない。 ビーッッと鳴る。 いつもそんなつもりじゃないのに食い気味に威嚇気味に。 ビーッッと。 お礼の合図としてピッと鳴らしたい。 ニッコリと微笑んで右手を軽くあげながら。 なのにそんな時はカチカチっとハンドルの真ん中を…

【癖をつけるのです】

寝癖の話じゃないんです。 無意識に行うことが癖なのだけれども、意識的に癖をつけるといつの間にかそれが自分の行動に反映される。 そして実は癖をなおすよりも、癖をつける方が簡単。 嫌なことがあると「最悪、最低」「何で私ばっかり」「絶対無理」と反射…

【完璧じゃないくらいでいいんだよ】

ちょっと抜けてるくらいでいいんだ。 そう思いながら生きている。 いや。本当は抜けてちゃいけないんだけど(笑)責任もある大人だし(笑) でも、完璧目指してたら日々暮らせない。だって完璧なんて無理だもん。 その日その時に一番大切なのが何なのかを見極め…

【電線と鳥】

上を向いて歩こう。 涙がこぼれないように(笑) 電線に鳥がとまっている。 そんな鳥たちを眺め風情を感じるような雅な女性になりたい。 そう。雅になれない私。 電線に鳥がとまっていると緊張する(笑) だって頭上から悪気なんてこれっぽっちもない鳥たちの生…

【いつもきれいに使っていただきありがとうございます。】

ありがとうと言われて悪い気はしない。 出来ていないことを指摘されると、言い訳したり開き直ったりしたくなる。 お店のトイレを借りた時に個室の内側の壁に「いつもきれいに使っていただきありがとうございます。」と貼ってある。 瞬間的に「ありがとうと言…

【幸福日記と憎しみ日記】

公開して残す日記。それがブログ。 遡ればニックネームを使って交流をしていたSNSの頃から始めている。 SNSを使って記す日記。 実はそのもっと前からちょくちょく書いていた自分だけが見る日記があって。 その頃の私は、今よりもっとギザギザですべての不幸…

【いつか時が来たら】

時間が出来たらやろうとか、時が来たら動こうとか。 でもなー…時間は出来ないし、時も来ない(笑) いつか読もうと思って買い集めた本が、部屋とスマホの電子書籍の本棚に溜まりに溜まった。 何なら現在進行形でその数は増え続けている。 『いつか』を待つ自分…

【野副一喜】

魅了された。惹きつけられた。 そんな空間だった。 私の住む佐賀に野副一喜というアーティストがいる。 私がずっと昔にほんのちょっとだけやった音楽。その時の仲間と繋がり続け、縁あってひとまわり以上年の離れた彼と知り合った。 それから約10年間。 どん…

【ほんの少しばかりのこと】

結局最後は自分の力が全て。 大切な人の為に何か力になりたいと強く思う場面が多くある。 親が子に。子が親に。友が友に。先輩が後輩に。先生が生徒に… 数え上げるときりがないほど、誰かのために何をしてあげられるのかを考えることがたくさん。 何をしてあ…

【気まぐれ呟き編58】

コントユニット【ラーメンズ】が大好き。 最近では片桐仁さんはドラマやバラエティーでも見かけるようになって。 創作という才能に長けるふたり。 公演はDVDになっていてそのDVDボックスを買ってしまうくらい大好きだった。 息子もたっぷり影響を受けて、生…

【日曜日の午後2倍巻きのトイレットペーパーを眺めながら考えたこと(笑)】

そう、今日のブログはトイレットペーパーを眺めていて考えたことであります(笑) トイレのトイレットペーパー収納ホルダー。ストックが残ひとつになったから補充していた訳です。 我が家のトイレットペーパーはシングル2倍巻き。買うときはいつも一瞬迷う。 …

【嫌だなと思う出来事がずっと起こるのは何故?】

何故か同じような内容の「嫌なこと」が繰り返し起こるなと感じることがある。 こんな運命なのかなとか、なんてツイてないんだとか。 そして何だかやる気が出なくなる。 私の場合、自分で「お?さては落ち込んでるな?」と感じるバロメーターがいくつかあって…

【左思いの右謗り】

「左の耳が痒いと誰かに想われていて右の耳が痒いと誰かに悪く思われているんだよ」と子供の頃に母親から聞いた。 その日から今日までずっと、右耳が痒いと「あら♡」と思い、左耳が痒いと「まあ!(汗)」と思って生きている(笑) 後は右半身に怪我や痛みや不調…

【ドンマイ】

何事もそつなくこなす人に憧れ続けながら、比較的残念な大人になった(笑) もうボチボチ完成形と見なしてもいいのではなかろうかというお年頃。 そんな私がしばしば脳内リピートしている単語【ドンマイ】。 Don't mind。気にするなという意味。 気にしなけれ…

【このブログは絶対に読まないでください。】

禁止されるとやりたくなる。簡単に言うとその心理が『カリギュラ効果』。 由来は1980年に発表された『カリギュラ』という映画の内容が過激で、不快に感じたボストンが上映を禁止した。 禁止されたことで話題を呼び…ボストンの住民は近隣の街に足を運んででも…